スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

手編みの夏用靴下

みなさん、こんにちは。

Funakawaひのめ市、
いよいよ明日17日開催です。

良いお天気になるといいですね。

夏も涼しいイメージのある秋田県ですが、
期間は短いもののやはり夏は暑いですよね。
でも冷房で足が冷えたり汗をかいたりすると
コットン素材等の靴下履いている方が
快適に過ごせる場合も多いと思います。

今回ご紹介するのは、
こ今から秋までにぴったりなコットンの糸で編んだ靴下です。



糸はイタリアからの輸入糸です。
イタリアやドイツ、アメリカなどでは、
靴下専門で手編みを楽しむ人も多く、
靴下専用糸もとてもたくさんの種類があります。
編み方も靴下専用の技みたいなのがいろいろあり、
道具も専用のものが各種販売されてます。
ソックニッター、というジャンルとして確立しているんです。
なかなか奥深い世界です。

ただ、日本のように高温多湿な地域以外ではあまり需要がないのか、
そういう糸はウールばかり…
いわゆる冬のあったか靴下なんです。


防縮加工ウール(防縮加工されていないと
洗濯に耐えられません)が90パーセント程度、
ナイロン等が10パーセント程度(ナイロンなどの化繊が入っていないと靴下としての強度が保てません。かかとがすぐダメになってしまいます)の糸がほとんどの中、
ウールの半分程度をコットンに変えた夏用糸を
生産しているメーカーさんもわずかですがあります。

今回はそうしたメーカーさんから取り寄せたコットンを多く含む糸で、
男性用(26~28センチ)
女性用(23~24.5センチ)を各1、
キッズ(または小さめサイズの方)用(20~22.5センチ)を2足を編んで
出品しております。
機械で編んだ靴下も良いのですが、
手で一目一目編んだ靴下は、
フィット感、通気性など予想以上に気持ち良いです。
私も靴下編みにハマったのはここ半年くらいですが、
自分でも仕上がりの気持ちよさに驚くほどです。

やはり細かい手仕事ですので、
大量生産はできません。
しかし、せっかくの機会ですので、手触りと、
色のグラデーションだけでも実際にお楽しみいただければと思います。
(写真以外にもキッズ用一足あります。)

奥深いソックニッティングの手仕事の世界、
私もまだまだ足を踏み入れたところですが、
今後もどんどん編もうと思って地ます

それでは、次回はまた違う商品をごしょあしますね。では~。、



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどめ企画☆

Author:やどめ企画☆
福岡県でハンドメイド雑貨を制作しているイイムレサチコのブランドです。
刺繍、編み物、ソーイングなど、日々気の向くままに作成中。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。